丸岡城

お知らせ

丸岡城で重ね捺し御城印スタンプラリーを開催します!

2月7日は「ふるさとの日」

『福井県は、明治14年2月7日、太政官布告により誕生しました。そこで、置県の日である2月7日を「ふるさとの日」と定め、県民一人ひとりが自らの郷土についての理解と関心を深め、より豊かな郷土を築き上げることを期する日としています。』(福井県HPより)

丸岡城、歴史民俗資料館、日本一短い手紙の館も、郷土の歴史・地域に根ざす文化を紹介している施設として賛同し、当日は無料開放しております。
県内在住の方はもちろん、県外からお越しの皆様も無料でご入館いただけます。

この日をきっかけに、自分の「ふるさと」により親しみ、郷土愛を深めていただければと思います。

ご案内

平均評価3.78(38位)
見学時間1時間1分(82位)
攻城人数2840人(19位)
行きたい1014人(15位)
提供:攻城団
所在地福井県坂井市丸岡町霞町1−59
入城料金大人450円 / 小人150円 / 団体割引あり
営業時間8:30〜17:00(最終入場は16:30)
休城日年中無休

丸岡城の見どころ

丸岡城の歴史
丸岡城が築かれたのは戦国時代。一向一揆への備えとして織田信長の命により柴田勝家が甥の勝豊に築かせました。丸岡城を支える石垣は”野づら積み”という古い方式で、すき間が多く粗雑な印象ながら排水がよく大雨に崩れる心配がないといわれています。
現存十二天守
丸岡城の天守は江戸時代以前に建設され、それが今もなお残っています。このようなお城は日本全国に12城あり「現存十二天守」と呼ばれる貴重な天守です。北陸地方に唯一残るのが丸岡城で国の重要文化財にも指定されています。
丸岡城天守と桜
日本のさくら名所100選
丸岡城は別名「霞ヶ城」と呼ばれるように、春満開の桜の中に浮かぶ姿は幻想的でひときわ美しいお城です。園内には400本のソメイヨシノが植えられ、日本のさくら名所100選に認定されており、4月には城下で丸岡城桜まつりが行われます。

フォトギャラリー

訪問された方々の声

丸岡城を実際に訪問してくださった方によるクチコミです。ぜひご参考ください(提供:攻城団)。
がりこ

路線バスで永平寺から移動しました。平日は一時間に一本です。大きな荷物はバス停前の一筆啓上茶屋で預かってくれます。バスのフリーきっぷで丸岡城の登城料も割引されます。

ハマちゃん

JR丸岡からタクシーを呼ぼうとしましたが、1台しか稼働していないとのことで、40から50分待つと言われました。ちょうど地域コミュニティー・バスが来たので、これに乗り「本町」で降りると城まで徒歩10分以内で行くことができます。本数は少ないですが、JR丸岡駅から行かれる場合は検討されてもよいかと思います。

たんぽぽ

瓦は笏谷石という地元の石を使った石瓦です。

伍堂ね太郎

丸岡城駐車場に停めて攻城。近くにに「一筆啓上茶屋」や「一筆啓上 日本一短い手紙の館」もあり便利です。

黒まめ

チケットは3館共通を購入すると便利でお得です。城下のいろんな場所から天守を眺めると、それぞれ違った表情が楽しめます。天守の階段は急なので、背中に背負えるバッグにすると登りやすいです。

お問い合わせ

ご質問・お問い合わせは運営会社にて承ります。

0776-66-0303

問い合わせフォーム